勤労感謝の日のプレゼント

勤労感謝の日(11月23日)が近づいていますが、勤労感謝の日に温泉旅行や美容グッズなどをプレゼントする人も増えています。

 

コロナ禍で慣れないリモートワークに疲れているご家族や普段どおり通勤しているご家族、家事の負担が多くなったご家族などに、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈り、労をねぎらうのもよいのではないでしょうか?

おすすめのプレゼント候補もご紹介します。ぜひご参考にしてみてください!

 

 

勤労感謝の日の由来とは?

 

勤労感謝の日は、国民の祝日のひとつで毎年11月23日と決まっています。勤労感謝の日は、1948年に公布・施行されていますが、もともと勤労を尊び生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日です。

 

日本では古くから稲作に重点を置いた行政でしたが、古くから稲を筆頭とする五穀の収穫を神々に感謝する風習がありました。

 

そして、その年の収穫物は国家からすると、それからの1年を養う大切な備えとなることから、収穫物に対して感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい)といった行事もありました。

 

この新嘗祭は1872年(明治5年)までは、旧暦の11月の二の卯の日に行われていましたが、改暦した1873年(明治6年)になると、新嘗祭が翌年の1月になってしまい都合が悪いこともあって11月に採用することになりました。

 

それで、同年の11月の二の卯の日である11月23日に行われました。本来の新嘗祭は11月の二の卯の日は11月13日~11月24日で変動しますが、1874年以降は11月23日に固定されました。

 

また、第二次世界大戦後、労働者農民党などから「新嘗祭」を祝日とすることは、天皇を神とすることにつながっていると反発されるようになり、全面的な祝日の見直しが行われました。

 

なぜかといえば、もともと新嘗祭は、農作物の恵みに感謝するとともに、収穫した農作物を神様にお供えする、また天皇に食べていただくといった天皇家にまつわる伝統行事でした。そんなこともあって戦後は特に、GHQの意向によって天皇が関わる祭日は、祝日として扱わない方針となっていたからです。

 

衆議院は「新穀に対する感謝の日」として「新穀祭」とする検討もありましたが「感謝の日」が有力となりました。その後、参議院議員の羽仁五郎の動議により「勤労」がつけられ「勤労感謝の日」として採択されました。

 

また、アメリカの9月の第1月曜日は労働者の法定休日となっていますが、これは日本では5月1日のメーデーにあたります。

 

もともと「勤労感謝の日」という呼び方になった理由に、アメリカの祝日が関係しているという説もあります。ですから、一時は5月1日を勤労感謝の日に移動させるという案も出ていましたが、現在は立ち消え状態です。

 

勤労感謝の日の過ごし方

勤労感謝の日は、勤労を尊び生産を祝って国民が互いに感謝し合う日であり、特に現在では生産の祝いよりも、働いている方に対する感謝をする意味あいが強いようです。

 

そんな勤労感謝の日は、どんなことをするのがいいのでしょうか?

 

自宅でのんびりと過ごす

ふだんは仕事や家事で疲れているから、勤労感謝の日には自宅でのんびりと過ごしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

この日は、ふだんは仕事をしている人の労をねぎらって、家族だけで一家団らんを楽しむのもいいでしょう。

 

また、ふだんは家事などで忙しくしている母親や奥さんにもゆっくりとしてもらう意味から、デリバリーを頼んでリラックスして過ごしてもらうのも喜ばれるでしょう。

 

家族で温泉に行く

 

日頃の疲れを癒やすといえば、やはり最初に思いつくのが温泉ではないでしょうか?勤労感謝の日にどこかの温泉宿に予約して、普段は味わえない広くてゆっくりとつかれる温泉に入ることで、日頃の疲れを癒せるでしょう。

 

コロナの感染対策はしっかりおこなう必要はありますが、温泉は何より、精神的にも身体的にも癒やし効果はバツグンですから、Go to トラベルなども利用しながら温泉を目的とした旅行を計画してみてはどうでしょうか?

 

 

感謝の気持ちを込めたプレゼントを送る

子供の頃には、両親に似顔絵や肩たたき券などのプレゼントをしたことがある方もいらっしゃると思います。しかし、大人になるとなかなか勤労感謝の日にプレゼントをすることもなくなってきます。

そんな時こそ、勤労感謝の日に家族への勤労に対するねぎらいと、感謝の気持ちをこめたプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?

 

勤労感謝の日のプレゼントは何がいい?

勤労感謝の日は、普段頑張って仕事をしている家族をねぎらう意味でプレゼントをする人も多くいますが、どんなものが喜ばれているのでしょうか?

 

上質なビジネスグッズ

会社で働いている人が、普段から愛用しているものにビジネスグッズがあります。たとえば、カードホルダーや靴べら、名刺入れといったものです。

 

そうした小物類は、意外と見られているもので、それだけに革製のブランドものなど高級なものをプレゼントすると喜ばれるでしょう。

 

革製のものは、経年の変化によって深い味わいある色に変化するなど、愛着もわいてきます。しかも、職場で毎日使うものですから勤労感謝の日には最適でしょう。

 

今話題のミラブルシャワー

ミラブルシャワーとは、テレビや新聞などで話題になっている美顔器のようなシャワーヘッドです。現在はかなりの人気の商品となっていて、1日に900個も売れています。

 

現在つかっているシャワーヘッドを、このミラブルシャワーに取り替えるだけで、約80%の残留塩素を除去し、洗剤を使わなくても油性マジックが落ちるほどの驚異の洗浄力がありますから、全身がくまなくきれいになります。

 

ミラブルシャワーを浴びることによって、頭からつま先まで、全身のケアが実現できるというもので、モデルの藤井サチさんは舞台でこのミラブルシャワーを紹介していましたし、ミラブルシャワーの即売会にも登場していました。

 

ミラブルシャワーを購入している年齢層は、主に30代後半から60代の方が多いのですが、若い世代の方にも人気の商品です。

 

女性にとっては、こうした普段ほしいと思っていても、実際にはなかなか自分では買わないものも多いと思われますが、ミラブルシャワーもそんな商品のひとつではないでしょうか?

 

そして、プレゼントされてほぼ間違いなく喜ばれる商品といっていいでしょう。

 

↓ 気になる方はこちら ↓

家猿倶楽部のLINE会員様限定!特別なお知らせ

 

普段からみんなのために頑張っているご家族へ、勤労感謝の日を利用してプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。