建物の築年数ごとにチェック!戸建て住宅のメンテナンス時期やポイント

建物の築年数ごとにチェック!戸建て住宅のメンテナンス時期やポイント

戸建て住宅を長く使い続けるためには、住んでいる方のメンテナンスに対する意識がとても大事となります。そのため、適した時期にメンテナンスを行うことは、長く住み続けるためにとても大事な最低限のお手入れとなります。戸建て住宅の築年数別のメンテナス時期やポイントなどを、詳しくご紹介していきます。

短い築年数でも発生する不具合をチェック!築5~10年の場合

築5~10年というのは築浅ですが、徐々に建物が劣化していく時期です。この時期の不具合に対して特に不便さを感じない場合は、築10年で一括メンテナンスを行うと計画しておくと良いでしょう。築5~10年の戸建て住宅の際に目を向けるべきメンテナンスポイントは、これらが挙げられます。

屋外

外壁シーリング打ち直し、外壁補修、雨どい補修、雨戸補修、屋根補修、門・塀・フェンスなどの外構の修繕や補修など

屋内

壁紙クロス補修及び張替え、床クッションシート補修及び張替え、換気設備(エアコンやロスナイなど)・給湯器などの点検や洗浄など

徐々に劣化していく部分をチェック!築10~15年の場合

築10~15年というのは、徐々に経年劣化が目立ってくる時期であり、使いにくいと思う部分が増えてくるタイミングです。屋根や外壁、バルコニーの防水力が低くなっていきますので、注意が必要です。戸建て住宅の築10~15年のタイミングに目を向けるべきメンテナンスポイントは、これらが挙げられます。

エコキュートなどの省エネ給湯器

耐用年数となるので、取り換えの時期となります。

塗装外壁の塗替え

サイディングやタイルは、該当しません。

バルコニー防水張り替え

バルコニーの防水力が低くなった場合は、補修よりも張替えが必要となります。

フローリングの補修や張替え

色あせや表面劣化が発生している場合は、張替えが必要となります。

便器、洗面化粧台、キッチン、ユニットバスなどの機器類の点検や補修

設備の什器備品類は、この時期は点検と不具合部分の補修で問題ありません。

木製建具の補修や調整

建物が狂ってくることで木製建具の動きが悪くなり、補修や調整が必要となります。

畳の表替えや交換

畳の表に貼っているい草は、10年程度で寿命となります。1回目のメンテナンスは表替えとなり、次のメンテナンスの際に取り替えとなります。

あちこち発生する劣化部分をチェック!築15~20年の場合

あちこち発生する劣化部分をチェック!築15~20年の場合

築15~20年というのは、あちこち色んな部分が傷んだり汚れてくる事が気になる時期となります。築15~20年の戸建て住宅の際に目を向けるべきメンテナンスポイントは、これらが挙げられます。

シロアリ対策

床下の構造体部分の劣化がはじまるタイミングであり、白アリ対策が必要となります。

コーキング打ち直し

コーキングの寿命が6~10年のため、打ち直しが必要となります。

外壁の補修及び張替え

サイディングなどの外壁材の補修、傷んでいる場合は張り替えが必要となります。

屋根の補修及び葺き替え

屋根材の補修、若しくは傷んでいる場合は葺き替えが必要となります。

車庫や門、塀、フェンスなどの外構の補修

鋳鉄製の外構アイテムは劣化を迎えるタイミングとなり、補修などが必要となります。

エアコンやロスナイなどの換気や熱交換器の点検や清掃、取り替え

給排気機器や熱交換機器などは、点検や清掃、場合によっては取り換えが必要となります。

壁クロス補修及び張替え

クロスは傷んでくる時期であり、補修が難しい場合は張替えとなります。

重大な劣化部分のチェック!築20~25年の場合

築20~25年は、今まで適したタイミングにメンテナンスをしてきたかどうかで、故障リスクの出方が変わります。築20~25年の戸建て住宅に目を向けるべきメンテナンスポイントは、これらが挙げられます。

外壁塗替え及び張替え補修

外壁材は寿命を迎えるタイミングとなり、塗装工事を行うか張替えとなります。

基礎の点検や補修

経年により建物がゆがんでくることにより、基礎に余計な力がかかってしまいます。そのため、ひび割れの不具合が出はじめ、それらの補修が必要となります。

木製建具の調整及び取り換え

経年劣化により建物がゆがむことで木製建具の開け閉めに不具合が発生し、調整や取り換えが必要となります。

畳の取り替え

畳の中身の芯の部分が限界となり、取り替えとなります。

玄関ドアやサッシの補修及び交換

経年劣化の影響で建物がゆがみ木製建具の開け閉めに不具合が発生し、調整や取り換えが必要となります。

2回目のメンテナスや損傷部分のチェック!築25年以降の場合

築25年以降は、今まで適したタイミングにメンテナンスをしてきたかどうかで、故障リスクの出方が変わります。築20~25年の戸建て住宅に目を向けるべきメンテナンスポイントは、これらが挙げられます。

外壁材張替え

外壁材が寿命の場合、張替えとなります。

屋根材張替え

屋根材が寿命の場合、張替えとなります。

便器、洗面化粧台、キッチン、ユニットバスなどの水まわり機器の取り替え

設備機器類が寿命の場合、取り替えとなります。

給湯器の取り替え

寿命の場合、取り替えとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
戸建て住宅のメンテナンスというのは、色々項目があることがわかると思います。修繕積立金のように早い段階からメンテナンス費用を貯蓄しておくと良いでしょう。適したタイミングに念入りなメンテナンスを行い、何十年も住むことができる我が家としましょう。