大事な家を守る屋根通気リフォームがおすすめ!建物に快適さを与える屋根通気工法の特徴とは?

建物に快適さを与える!屋根通気の特徴|リフォームにオススメの訳

近年の住宅は、屋根断熱の建物が増えてきています。新築住宅の半分ほどが屋根断熱の建物であり、屋根断熱は珍しくない工法になってきました。しかし、そんな素晴らしい屋根断熱にもデメリットがあり、それを改善するのが屋根通気です。そこで、屋根通気の特徴やリフォームにおすすめな理由を解説していきます。

屋根通気とは

屋根通気とは、屋根の断熱材の外側に設ける通気層です。近年では斜め屋根が増えてきており、2階の空間を広く使っている建物が増えてきました。屋根断熱工法が増えてきている現代では、小屋裏換気工法のように適切な通気工法で水蒸気などの水分を外部に排出することが大事になります。

屋根通気は、屋根垂木などによって区切った空間の1つ1つに出口を設けて、個別にきちんと空気が流れるようにしないといけません。しかし、屋根断熱の建物にしっかりとした屋根通気が施工されていない場合があり、屋根の中で水蒸気などの水分が滞留してしまい、不具合を発生してしまうことが多く発生しています。屋根断熱と屋根通気はワンセットで施工しなければいけません。

なぜ屋根通気は今求められているのか

なぜ屋根通気が求められるようになったのか、それには現代の住宅の造りに変化が出てきたからです。現代の高断熱・高気密住宅では、屋根の内部に室内からの水蒸気や屋外からの雨水の侵入を防ぐような造りとなっています。

しかし、水蒸気や雨水の侵入を100%防ぐことは難しく、実際には屋根の中に多少の水蒸気や雨水が侵入してしまいます。侵入してしまった水蒸気や雨水は高気密ゆえに逃げ道がなく、滞留してしまうことにより建物に様々な悪影響を与えてしまいます。そのため、屋根通気にて余分な水分を逃す構造にしなければいけないのです。

屋根通気が無い建物に発生してしまう悪影響

屋根通気が無い建物に発生してしまう悪影響

屋根通気をきちんと確保しないことで侵入した水分の逃げ道がなくなってしまい、木構造体を濡らしてしまいます。そうなると構造体の効力が低くなってしまい、建物の寿命が短くなり、長く住み続けることができない建物になってしまいます。

また、屋根の断熱材を濡らしてしまうことで断熱効果も低下させてしまい、光熱費の負担が大きくなってしまいます。断熱材というのは非常に水分に弱く、濡れてしまうと断熱効果がなくなってしまいます。乾燥すると効力が元に戻るということはなく、断熱効果ゼロの状態になってしまいます。古い建物が断熱効果を発揮しにくくなってしまうのは、グラスウールのヨレの原因もありますが、水分に濡れて断熱効果が低下している理由もあります。さらに、湿気によりカビなどの菌やシロアリ被害を発生させてしまい、ぜんそくなどの健康被害にも発展させてしまう場合があります。

屋根断熱は素晴らしい工法ですが、通気をしっかりさせないことで想像以上の不具合を発生させてしまいます。

屋根通気の主流建材「棟換気」

屋根通気工法を簡単に行うことができる工法は、棟換気です。棟換気は、屋根の棟部分に取り付ける換気材料です。屋根に棟があれば、どんな屋根でも取り付けができます。効率的な屋根通気層にするためには、棟全体に棟換気を付けることが望ましいです。設計上困難がある場合は、屋根頭頂部分の通気垂木を少し離して設置することで、頭頂部で横方向の連通を取ることができ、上手く空気が流れるようにすることができます。風力による換気だけではなく、温度差での換気も期待することができます。

独立した屋根毎に1か所ずつ必要であり、1階と2階に1つずつ独立した屋根がある場合は、1つずつ取り付けなければいけません。また、ロフトなどで2階の屋根が区切られている場合は、それぞれの部分に1か所ずつ必要となります。

棟換気は、効率の良い換気方式となるので、おすすめです。

屋根垂木での通気工法

屋根垂木を使った通気工法とは、野地板と断熱材の間に垂木を取り付けて、その間で通気を行う工法です。一見簡単な工法に思えますが、ちょっとした施工方法の間違いにより上手く通気できなくなってしまう要注意な通気工法です。

この工法のポイントは、断熱材上に通気経路として垂木を取り付けることです。断熱材と野地板との隙間を空けることにより、効果的に通気することができます。断熱材上の通気は屋根面の全てで行い、各垂木間の通気を棟換気に連通させることが大きなポイントとなります。単純に通気層を作るだけではなく、入口から出口へと連通させて外部に排湿させることが非常に重要となります。

しかし、屋根垂木での通気工法はこの流れをしっかりと成立させていない業者が多く、水分の排出ができていないことが問題となってしまうことがあるので注意が必要です。

機械換気による通気効果

機械換気による通気効果

機械換気を使って屋根通気を行うことで、効率の良い換気にすることができます。しかし、屋根に換気扇を取り付けるので、設置に慣れている業者にお願いすることが大事になります。適切な位置に設置にきちんと設置することで、高い効果を得ることができます。他の屋根通気工法と比べると確実な通気工法になりますが、電気代がかかるので維持費用は多少割高となってしまいます。

屋根通気のスペシャルな材料「透湿ルーフィング」

屋根というのは単純な形のものばかりではなく、複雑な屋根のお宅も多くあります。複雑な屋根の場合は、屋根通気を行っても高い効果を得ることができない場合があります。そこで、複雑な屋根形状でも屋根通気を得るためにおすすめなのが、透湿ルーフィングです。

透湿ルーフィングは高い通気効果を得ることができ、屋根断熱が主流のドイツで採用されている材料です。透湿ルーフィングにより、屋根内に発生した湿気を屋外に排出させることができます。透湿ルーフィングといえば外壁下地に使用することが多くありますが、以前の壁の防水材は透湿性がなく結露が大量に発生したことにより透湿ルーフィングに変更となりました。屋根断熱も同じく、透湿ルーフィングであれば安心です。

透湿ルーフィングの耐久性は50年間の促進試験をクリアしているので、長寿命住宅に適した材料です。室内側からくる湿気を排出し、野地板の乾燥も行うことができる優れものです。

屋根通気施工は優良業者じゃないと施工ができない

屋根通気施工というのは様々なポイントがあり、簡単ではありません。プロでも万度に施工できないことがあり、豊富な知識がないと効果を得ることができません。そのため、屋根通気施工は地元の優良業者にお願いするようにしましょう。屋根断熱を取り扱っている業者であれば、屋根通気施工にも詳しいはずです。ご近所やネットでの口コミもチェックし、評判の高い業者に頼むようにしましょう。

近年は訪問販売での屋根通気施工もあるようですが、訪問販売は悪質な業者の場合が多いので絶対にお願いしてはいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
屋根断熱はとても素晴らしい工法ですが、建物に快適さを与えるためには屋根通気も一緒に行うことが大事になります。適切な屋根通気を取り入れ、高断熱高気密の住みやすい建物にしましょう。