雨漏りは危険!屋根から雨漏りが発生した際の対処すべきポイント

雨が降って家の中が濡れる場合は、屋根から雨漏りが発生している証拠といえます。屋根からの雨漏りを放置してしまうと、家の中に次々とトラブルが発生してしまいます。屋根から雨漏りが発生した際の対処ポイントなど、屋根からの雨漏りの際に目を向けるべきポイントを、詳しくご紹介していきます。

雨漏りの対処は直ぐに行うべき理由

屋根からの雨漏りというのは、突然やってきます。急に雨漏りが発生し、戸惑う方は少なくありません。多くの方は、多少の雨漏りは大丈夫、と見て見ぬふりをされる方もいらっしゃいます。しかし、雨漏りというのは、放置しているとこのような不具合を発生させてしまいます。

内装材への染み

雨漏りで、壁や天井などの内装材にシミがついてしまう場合があります。

断熱材が濡れる

断熱材が雨漏りで濡れてしまうと、断熱材としての効力がなくなってしまいます。乾いても断熱機能は元に戻らず、断熱効果がない建物としてしまいます。

湿気が多くなる

雨漏りにより湿気が多くなり、カビや殺菌を発生させてしまいます。家族の健康状態に大きく影響を与えて、アレルギーになってしまう場合もあります。また、湿気の多さにより家具などにも大きなダメージを与えてしまい、カビが生えたり腐らせてしまったりなど不具合が発生してしまう場合があります。

漏電

小屋裏の電気の配線に雨漏りの水が付着してしまい、漏電としてしまうことがあります。漏電が酷くなってしまうと、火災を起こしてしまうこともあります。

構造体の腐食

雨漏りの水分が構造体に浸透してしまい、腐食により強度が低下してしまうことがあります。ひどい場合は、建物崩壊へと繋がってしまうこともあります。

このように、たかが雨漏りと思うかもしれませんが、大変大きな被害に繋がってしまいます。1番恐ろしいのは、雨漏りの症状が目に見えて発生してしまっている状態は、既に雨漏りが大きく進行している場合があるということです。建物には定期的なメンテナンスが必要となりますが、中でも特に気を付けるべきなのが雨漏りのトラブルです。

雨漏りが発生するタイミングによる原因

家の雨漏りというのは、建物を建ててからどれくらいのタイミングで発生するのかにより、原因が大きく異なります。一般的には、建ててすぐの段階と、築10年以降に発生する雨漏りの違いです。

新築してすぐの雨漏りの場合

新築してすぐに雨漏りが発生した場合は、施工不良の可能性が考えられます。新築工事の施工段階で、何らかのミスがあって雨漏りが発生していると考えられます。新築の建物には保証期間があり、新築してすぐの雨漏りは保証期間内ですので、保証の範囲で雨漏りを修繕して改善してくれます。

築10年後以降の場合

建物が建って10年以降に雨漏りが発生した場合は、経年劣化により雨漏りが発生していると考えられます。築10年程度で外部がボロボロになるわけではありませんが、外部は少しずつ劣化していきます。屋根材の表面劣化や亀裂、シーリングの劣化など、様々な劣化が発生しはじめてくるタイミングです。

屋根の雨漏りの原因

屋根の雨漏りの原因

屋根からの雨漏りは、このような原因から発生することがあります。

壁止まり部分

屋根部分と壁部分の接点部分から、雨漏りが発生してしまうことがあります。壁止まり部分の屋根部分は、横に立ち上がっている外壁の中に板金や防水シートを10cm以上立ち上げて施工をしないといけないという決まりがあります。雨というのは降った際に1度勾配の上の方に上がって行く性質があり、壁止まり部分の内部に雨が入ってしまいます。その雨を建物内に侵入させないために、屋根材を外壁の中に10cm以上経ち上げて納めています。

しかし、それを理解していない屋根屋さんや業者は少なくなく、少ない立ち上げ施工により雨漏りと発展してしまうことがあります。

谷部分

屋根の谷部分の防水シートの施工状態が良くなく、雨漏りと発展してしまう場合があります。

棟違い部分

棟違い部分の防水シートの施工状態が良くないことで、雨漏りと発展する場合があります。

天窓部分

天窓というのは防水上の納まりが難しい窓であり、簡単に雨漏りに発展させてしまうことがあります。このように、純粋な壁止まり部分をはじめ、谷や棟違い部分からの雨漏りが多くあります。また、天窓は雨漏りを作るようなものと言われるほど防水力が乏しいアイテムです。

屋根の雨漏り調査方法

屋根の雨漏りは、このように調査していきます。

怪しい部位の調査

屋根からの雨漏りの調査の基本となるのは、怪しいと思われる部位の調査です。近接目視といい、怪しいと思われる部位を近くで見てじっくり観察して調査する方法です。

屋根からの雨漏り調査方法の基本的な点検手法であり、雨染みの流れや水滴の後、穴や隙間の確認、ひび割れなどを時間をかけて調査します。この調査にて、雨漏りの原因の見当がつく場合があります。

屋根に水をかける

屋根にホースや高圧洗浄機を使って水をかけ、水の浸入部分を把握する調査方法です。

赤外線サーモグラフィでの調査

近接目視にて雨漏りの原因がわからない場合は、赤外線サーモグラフィにて調査を行っていきます。赤外線サーモグラフィカメラを使って、撮影して雨漏りの流れを確認します。サーモグラフィ機能で映して温度の違いを確認して、怪しい部位を特定します。

雨が付着している部分は水分が残っているので、水分がない部分と比べると周囲との温度差が発生します。この温度差の違いにより、雨漏りしている箇所を突き止めます。

業者の雨漏り修理方法

屋根の雨漏り修理は、これらの修理方法があります。

雨漏り部分の屋根の葺き替え

雨漏りしている屋根を、部分的に葺き替えます。部分的に葺きかえるので安い費用で雨漏りを修理することができます。しかし、部分的な補修なので、補修した部分が目立ってしまうことがあります。

屋根全体を葺き替える

屋根全体を葺き替えて、屋根からの雨漏りをなくします。部分的な雨漏り原因であっても、屋根全体を葺き替えることで仕上がりが綺麗になります。全体の葺き替えとなってしまうので、修理費用は高くなってしまいます。

屋根に防水塗料を塗布する

屋根に防水塗料を塗布することで屋根全体を防水膜で覆うことができ、屋根からの雨漏りをなくすことができます。防水塗料は透明塗料なので、既存屋根の劣化状態が目立ってしまうことがあります。表面劣化していない屋根にオススメです。屋根全体を葺き替えるよりは、安い費用で修理することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
屋根からの雨漏りというのは、絶対に放置してはいけません。屋根からの雨漏りを早急に解決することで、建物の寿命も延ばすことができます。雨漏りを見かけたら、すぐに雨漏り調査をして修理するようにしましょう。