外壁防水で家が長持ち!外壁防水の必要性と劣化チェックポイント!

外壁防水で家が長持ち!外壁防水の必要性と劣化チェックポイント!

外壁にヒビや劣化があり、そこから雨漏りが発生しているのではと気になる方もいると思います。雨漏りと言うのは屋根からだけではなく、外壁からも発生していることが多くあります。外壁防水の必要性や防水性を高めるポイントなど、詳しくご紹介していきます。

外壁防水は家の寿命を延ばす!

雨などの外的刺激は、屋根そして外壁により守られています。雨は上から降るので屋根を頑丈とすることで雨漏りを防ぐことができるように思えますが、外壁からも雨漏りの影響は受けます。外壁からの雨漏りは、このような原因により発生してしまいます。

クラックやヒビ

外壁にクラックやヒビが発生することで、その隙間から雨水が浸透して雨漏りが発生してしまうことがあります。

外壁材の塗膜の劣化

外壁材の表面の塗膜が劣化することで雨をはじくことができず、雨水が浸透してしまい雨漏りが発生してしまうことがあります。

コーキングの劣化

外壁材のジョイント部分や窓などの開口部まわりには、ゴムのようなコーキングという素材を使って充填して仕上げます。そのコーキングが劣化してしまうことで、雨水が浸透して雨漏りとしてしまうことがあります。

家にとって水は大敵です。そのため、雨水などが家の中に侵入しないように様々な工夫が施されています。外壁には外壁塗膜とコーキングです。外壁塗膜とコーキングは、日々紫外線や風雨にさらされており、経年劣化により防水力が低下してしまいます。雨漏りに繋げないためには、外壁塗膜とコーキングの定期的なメンテナンスやリフォームにより防水力を高めることが大事となります。

外壁の防水力が低下しやすいモルタル壁

外壁には様々な種類がありますが、もっとも防水力が低下しやすい外壁がモルタルです。モルタルというのはセメントと砂を混ぜ合わせたものであり、乾燥収縮しながら完成させる素材のため、乾燥収縮の流れの中でクラックやヒビができやすいという大きなデメリットがあります。

これは、モルタルゆえの性質であり、仕方のない現象です。そのため、ヒビやクラックの原因により雨漏りが発生してしまう外壁の多くは、モルタル外壁となっています。モルタル外壁のお宅は、細かい部分までクラックやヒビの有無をチェックして、早急な補修やリフォームを行うようにしましょう。

外壁の防水力低下チェック方法

外壁の防水力低下チェック方法

外壁の防水低下チェックは、誰でも簡単に行うことができます。このようなポイントで、チェックしてみましょう。

チョーキング

外壁を手で触れると白く粉が付く現象であり、塗膜表面の素材が劣化し始めている証拠となります。

幅0.3㎜以上のヒビやクラックがある

幅が0.3㎜以上で深さ5㎜以上のヒビ割れやクラックがある場合、雨が建物内部に侵入する可能性が考え得られます。

コーキングの劣化

コーキングのヨレや痩せ、ひび割れがある場合は、その部分から雨水が侵入して雨漏りが発生してしまう場合があります。

塗膜の劣化

塗膜がボロボロと劣化している場合、雨水が浸透して雨漏りが発生してしまう場合があります。

これらの状態が見受けられる場合は、直ちに専門業者にお願いしてチェックしてもらいましょう。

外壁塗装をするだけでは防水機能は高まらない

外壁の防水力を高めるためには、外壁塗装をすればいいと思われる方もいると思います。しかし、塗料には、万度な防水効果はありません。そのため、既に外壁から雨漏りが発生してしまっている場合は、塗装工事を行うだけでは雨漏りを止めることが難しいといえます。

外壁から雨漏りが発生していて雨漏りを止めたい場合は、防水機能がある外壁塗料を選択し塗装工事を行うことが大事となります。防水効果が高い塗料を使って外壁塗装工事を行うことで、外壁を防水の膜ですっぽり覆うことができ、外壁の防水力を高めることができます。外壁のどこから雨漏りが発生しているのかわからない場合は、防水力の高い塗料の採用を検討しましょう。

外壁に高い防水性を求める場合の塗装方法

外壁に防水力を高めるためには、これらの塗料がオススメとなります。

弾性塗料

弾性塗料というのは、塗膜がゴムに伸びる塗料です。家の外壁を伸縮性のある塗膜で覆うことで、雨が降っても外壁の不具合部分から雨水を浸透させずに済みます。

ゴムのように伸びる塗膜となるので、揺れなどの動きが建物にかかっても塗膜が割れないので、下地の外壁部分にクラックやヒビが残ったままでも雨水を浸透させることはありません。

防水塗料

防水力が高まる塗料であり、外壁全てを防水力の高い塗膜で覆うことができます。一般的な塗料に混ぜて使う塗料ですので、選んだ塗料と混ぜて防水力を高めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁の防水力の高さは建物の劣化を抑えることができるので、日頃の外壁チェックと定期的なメンテナンスが大事になってきます。そして外壁のどこから雨漏りが発生しているのかをつきとめるよりも、外壁全体の防水力を高めた方が解決しやすくなります。防水力を高めて、家の寿命をのばしましょう。