外壁の失敗しない色や素材の選び方を知ろう!人気の色や参考にすべきポイントとは?

外壁の失敗しない色や素材の選び方|人気の色や参考にすべきポイント

外壁の色選びや素材選びは、建物のイメージを左右させる大事な作業です。そのため、慎重に選ばないといけません。せっかくリフォームするのであれば、前回と同じではなく、違う見た目の外観にしてみたいですよね。しかし、色選びや素材選びというのは、想像以上に難しいです。そこで外壁の失敗しない色や素材選びのポイントを詳しく解説していきます。

外壁の色選びの際に目を向けるべきポイント

外壁の色を選ぶ際は、純粋に色選びだけに目を向ける方がほとんどです。好きな色や素材を取り入れたいと思うかもしれませんがそれでは色選びは失敗してしまいます。大事なのは建物の色だけではなく、周りと調和させることです。近隣の家や環境と上手く馴染まないと、完成した際に大きな違和感となってしまいます。

失敗しないためには、近隣と調和させる色合いに目を向けてみましょう。近隣の写真を撮影して、選ぶ色と照らし合わせながら違和感がないかどうかを確認しながら選んでいくと良いでしょう。外に出向いて、カラーサンプルを近隣の雰囲気に照らし合わせながら選ぶのも、1つの方法といえます。

また、外壁の色選びなので、室内だけで確認していると完成した後に「思っていた色と違う…」と思うことがあります。そのためサンプルを1度、外で外壁に照らし合わせてみて、理想の色なのかを確認するようにしましょう。様々な天気や時間帯で検討して、どんな色あいなのかを細かく調べると、失敗のない色選びとなります。

近年の色選びの傾向

近年の色選びの傾向は、先ほども記載した通り環境になじむ色合いや緑に合う配色が多く、ベージュ系やブラウン系、アイボリー系などが外壁に採用されることが多いです。淡い雰囲気にしたい場合はベージュやアイボリー系、高級感を与えたい場合はブラウン系が人気となっています。

これらの色合いに対して屋根や他の部分にワンポイントで濃い色を配置して、濃淡を発揮させるという考え方が多くあり、無難な色合いとしたい場合は、このような色合いがおすすめとなります。ビビットカラーのような濃いカラーは失敗しやすいのでおすすめできません。

一部分にワンポイントを付けた配色も人気

一部分にワンポイントを付けた配色も人気

近年はシンプルな色合いの外観に一部分にアクセントとなる濃い色合いを加えることにより、オシャレな雰囲気をかもしだすことができます。逆に、濃い色合いの外壁に薄い色のアクセントを一部分に加えることで、外観が際立ちます。

例えば、白系の外観に、ワンポイントとして幕板や破風に赤を取り入れることで、目線が上の方になり外観が引き締まります。また、ベージュ系の外壁に、ワンポイントとして出窓や玄関周りにブラウンを取り入れることで、柔らかいベージュカラーでも印象的な外観になり、目を惹く建物にすることができます。

1階と2階で色分けや素材分け

色や素材の組み合わせで1番多いのが、1階と2階の色分けや素材分けです。新築の際は1色でも、リフォームの際に外観を変えたくて2色や2つの素材を使うリフォームも多くあります。

1階と2階で色分けするので、どんな建物でも簡単に色分けでき、外観のイメージをガラッと変えることができます。濃い色の配置は上下階どちらでもよく、好みの配置で建物を引き締めることができます。

コーナー部分での色分けや素材分け

外壁の色分けには、コーナー部分の色分けや、素材分けをしている建物も大変多くあります。サイディングの場合はコーナー部分に別のサイディングを使うことで色分けや素材分けとすることができます。また、既存のサイディングを塗装する場合は、コーナー部分のみ塗装を変えることでも可能なので、簡単に色変えすることができます。

よりオシャレにしたい場合は、コーナー部分にタイル調のコーナー材やタイルを使うと、よりスタイリッシュな印象となります。既存の外壁の上から張ることで、手間なく簡単にコーナー部分をオシャレにすることができます。コーナー部分のみのアクセントですので、少し高めな価格の素材を採用してもそれほど高い費用にならずに済みます。

外壁に2色以上取り入れる際の人気の色の組み合わせ

外壁に2色使う場合の人気の色の組み合わせは、無難な色の組み合わせを採用すると失敗しにくいです。無難な色の組み合わせとは、同系色を採用することです。ブラウンとベージュ、薄いグレーと濃いグレーなどの同系色を採用すると、失敗のないオシャレな2色にすることができます。

ベースにしたい色合いを選んで、それより濃い色か薄い色を選ぶことで、失敗しない2色を取り入れることができます。オシャレな色の組み合わせとしておすすめなのが、白系とダークブラウン、白系とベージュ、そして白系とネイビーがおすすめです。

やってはいけない色の組み合わせ

外壁の色合いには、採用すると失敗となってしまいがちな色の組み合わせがあります。1番は、白と黒の組み合わせです。その理由は、どちらの色も汚れが目立ちやすいからです。また、この2つの色の組み合わせとしてしまうと、近隣から浮いてしまう色合いとなってしまいます。真っ白や真っ黒を選びたい場合は、白系や黒系の色合いを選ぶようにしましょう。白系を選びたいのであればアイボリーなど、黒を選びたい場合はダークグレーなど、少し色合いを変化させて選ぶようにしましょう。

また、塗装というのは色合いによって劣化する期間が違い、赤と青などの劣化の仕方に違いがある色の組み合わせも、おすすめできません。赤は色落ちしやすい色合いであり、青は色落ちしにくい色ですので、この2色を採用して外壁に取り入れてしまうと劣化に差が発生してしまいます。赤や黄色、紫などは劣化が早い色合いであり、白と黒、青などは劣化の遅い色合いです。この違いは紫外線による光の波長の違いが影響しています。

外壁の色の組み合わせで失敗しないためのポイント

外壁の色の組み合わせを行う際に失敗しないための1番のポイントは、面積効果の考慮です。色というのは、面積により見え方が異なります。面積が狭いほど濃く見え、面積が広くなると薄く見えてしまいます。そのため、小さな見本調で色をいくつかピックアップした後に、A4サイズの見本帳や外壁材に塗装してもらってサンプルを作ってもらい、確認するようにしましょう。

また、塗装工事の際は必ず立ち会って、どんな色合いで塗られているのかの確認をしましょう。塗り始めの際に色合いに違いを感じる場合は、塗装屋さんがその場でカラーマスターを使って色合いを変えてくれます。多少の色の濃淡は調整可能ですので、立ち会って好みの色合いになるように確認をしましょう。

実際の色合いをイメージできるシミュレーション画像がありますが、残念ながら想像通りの色合いで仕上げることは難しいです。あくまでも目安として確認できる程度ですので、実際に塗装される色合いとは少し見え方が違う場合があるということは理解しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁の色の組み合わせや素材の組み合わせというのは、簡単ではありません。よく考えて、理想的な色合いを決めましょう。色の組み合わせは劣化具合も考慮して、似たような色合いを選ぶことも大事になります。時間をかけて冷静に選択をして、理想の外観としましょう。