外壁塗装で把握しておくべきポイントとは?塗り替えに使用する塗料の種類や特徴を解説

外壁の塗り替えの種類や特徴を解説!外壁塗装で把握しておくべきポイントとは?

外壁の塗り替えを検討する際、色ばかりを最優先していませんか。外壁というのは日々雨風など外的刺激にさらされているので、建物をしっかり守ってくれる塗料を選ぶ必要があります。外壁に使うことができる塗料にはどのような種類や特徴があるのか、外壁塗装検討の際に把握しておくべきポイントを詳しくご紹介いたします。

外壁の塗り替えはなぜ必要なのか

外壁の塗膜は一見劣化しないように見えがちですが寿命があります。およそ10年が目安といわれており、10年を境にどんどん塗膜が劣化してしまいます。外壁に触れると白い粉のようなものが手に付くことがありますが、これはチョーキングという現象であり、塗膜の劣化を表しています。塗膜表面が破壊している状態であり、塗膜としての役割を果していません。

外壁材は塗膜によって守られていますが、塗膜が役に立たないと外壁材の劣化がはじまってしまい、ひび割れや雨漏りなど建物に悪影響を与えてしまいます。今現在、雨漏りが目に見えていない場合、「我が家は大丈夫」と安心してしまいますが、雨漏りが発生する前に対策を取っておくことが大事となります。

外壁の塗り替えというのは、建物を長持ちさせる為に欠かせないメンテナンスとなります。また、定期的な塗装メンテナンスをすることによって、メンテナンスにかかるトータル費用を安く抑えることもできます。外壁塗装工事はけして安くない費用ですが、定期的に行うことが費用を抑えることに繋がる、ということを把握して検討するようにしましょう。

理想的な外壁の塗り替え時期とは

理想となる外壁の塗り替えタイミングは10年ですが、外壁の傷みや劣化がすでに発生している場合は、直ちに塗り替えを検討しないといけません。

現在、外壁塗膜にひび割れや剥がれ、色褪せ、塗膜のふくれ、チョーキング、錆びや腐食の発生、藻やカビの発生など、このような不具合が発生している場合は塗り替えのサインとなります。少しくらいなら大丈夫と思ってしまいがちですが、放置しておくとどんどん症状が悪化してしまい、痛みが酷くなり、様々な悪影響を外壁材や建物に与えてしまいます。少しでもおかしいと思ったら、即リフォーム業者に相談をして塗り替えの検討をしましょう。

塗料の種類や特徴に目を向けてみよう

塗料の種類や特徴に目を向けてみよう

外壁に使う塗料の種類というと難しく感じるかもしれませんが、そんなことはありません。塗料の特徴を把握することで、どの塗料が合うのかを検討することができるので目を向けてみましょう。外壁塗料の主成分は合成樹脂であり、合成樹脂に含まれている物質によって耐久性などの特徴が異なります。

外壁塗装に使う塗料の中で1番ポピュラーなのが、シリコン系塗料です。耐久性や耐候性、仕上がりの良さの3つのポイントに富んでおり、費用対効果が高い塗料です。塗装業者に見積もりをお願いすると、シリコン系塗料で見積もりをしてくることが大半です。シリコン塗料よりも安価な塗料はありますが、耐久性と費用対効果が低いのでおすすめできません。

塗膜を長持ちさせたい方におすすめなのが、耐久性や耐候性、撥水性にとても富んでいるフッ素系塗料です。壁の汚れを浮かせて雨で流して綺麗にする効果を持っています。その為、お手入れがしやすく汚れにくいのが特徴です。シリコン系塗料よりも高価な塗料ですが、塗装後のメンテナンスの手間や負担などを考えるとフッ素系塗料がおすすめです。

築年数が古く、夏暑く冬寒く感じる家におすすめなのが、断熱塗料です。塗料の中に中空ビーズが入っており、中空ビーズが断熱効果を発揮させる塗料です。フッ素系塗料同様に、シリコン塗料よりは高価となってしまいますが、塗膜を使って断熱効果を高めることができるので、一年中快適な室温を保つことができるのでおすすめです。

塗料の選び方

外壁の塗り替えに使用する塗料は、現在の建物に合う塗料を選ぶことが大事となります。外壁にどのような不具合が発生しているのかをきちんと確認した上で塗料を選ぶようにしましょう。

汚れやすい環境の場合は、親水効果で汚れを雨で洗い流すフッ素系塗料がおすすめです。また、古く寒い建物には、断熱効果を発揮する断熱塗料がおすすめです。外壁からの雨漏りが気になっている場合は、防水効果が高い塗料を、カビや藻が生えやすい外壁の場合は、カビや藻防止の塗料を採用しましょう。このように様々な塗料がありますので、自分で判断が出来ない場合は、塗装業者と話し合いをしながら、希望に添った塗料を決めていきましょう。

また、塗料には様々な艶の設定があり、艶無しや艶消しをはじめ、3分艶、5分艶、7分艶など様々な艶の種類があります。艶の度合いはサンプルを作ってきてもらって検討するとよりわかりやすいのでおすすめです。

塗り替え工事の流れ

外壁塗り替え工事は、ご近所への挨拶まわりからはじめるようにしましょう。塗料というのはどうしても独特の臭いが発生してしまうので、慣れていない方にとっては大きな負担と苦痛となってしまいます。事前に挨拶して塗装工事を行う旨を伝えておくことで、多少の臭いも大目に見てもらえます。

挨拶まわりが終わったら、足場を設置し、塗装工事は塗料が飛び散ってしまうことがあるので、シート養生をして防ぎます。その後、既存外壁を高圧洗浄で洗浄して綺麗にします。高圧洗浄で綺麗にすることで細かい汚れが取れ、新規塗膜の密着を高めることができます。既存の外壁がサイディングの場合は高圧洗浄を使うことができない場合もあり、その場合はホースの水を使って丁寧に洗浄していきます。

既存外壁が綺麗になり乾燥したら、下塗り材であるシーラーまたはフィラーを塗布していきます。下塗りをすることで塗料の密着を高めることができるので、下塗りは非常に重要な工程となります。下塗りが完全に硬化したのを確認した後、塗膜面に凹凸がある場合は研磨紙刷りを行います。その後、選んだ塗料を塗る作業となり、中塗りと上塗りの2回工程で塗装を行っていきます。中塗りを行った後に凹凸がある場合は、再度研磨紙刷りを行って平らにします。塗装工程は基本2回ですが、2回で納まらない場合は3回工程となります。

塗装工事が終わったら塗膜の点検を行い、問題がない場合は足場とシート養生を外して工事範囲の清掃を行い完了となります。

相場費用はどれくらいなのか

相場費用はどれくらいなのか

外壁塗り替え工事の相場費用は、使用する塗料により異なります。30坪の建物の場合、足場やコーキング、塗装工事の全てかかる費用を換算すると、シリコン系塗料で約70万円〜が相場となっており、フッ素系塗料で約90万円〜となっています。

外壁塗装工事には多くの費用がかかりますが、その理由は様々な費用が加算されているからです。材料費に約20%、足場などの仮設費に約20%、人件費に約30%、その他経費に30%ほどかかります。また、選ぶ塗料によっても費用は大きく変わります。普及品であるシリコン系塗料の単価相場は㎡当たり2,500~3,500円ほどであり、フッ素系塗料は㎡当たり3,500~4,500円ほどかかります。

また、断熱塗料は㎡当たり5,000~5,500円ほどかかり、シリコン系塗料の1.5~2倍程かかってしまいます。ただし、耐用年数は普及品であるシリコン系塗料とフッ素系塗料、断熱塗料と比べてみると、1.5~2倍程フッ素系塗料、断熱塗料の方が長くなります。費用は耐用年数にも比例してきますので、しっかりとよく考えて検討されることをおすすめします。

外壁塗り替え工事の注意点

外壁塗り替え工事を行う際の1番の注意点は、行う時期です。外部で行う塗装工事ですので、天候と気温などは大きく関係してきます。寒い冬や暑い夏はおすすめできませんので、春や秋の梅雨や台風が来ない時期に検討しましょう。また、外部は外壁だけではなく、屋根や雨どい、基礎などもあります。外壁だけを塗装工事すると屋根や他の外部の色褪せが目立ってしまい、せっかく外壁を綺麗にしても「屋根も塗装すれば良かった…」と後悔することがあります。外壁塗装の検討の際は、屋根やその他外部の塗装は必要ないのかも十分に検討しましょう。

また、塗料には様々な種類があり耐用年数が違うとご説明いたしましたが、ライフプランに合わせて選ぶこともとても重要となります。この建物をあと何年持たせたいのか、どのタイミングで次の塗り替えを検討すれば費用の積み立てが可能なのか、様々なライフスタルを十分に検討して塗料を選択することもとても大事となります。

外壁塗り替えの際の業者の選び方ポイント

外壁塗り替えの際の業者選びの1番のポイントは、外壁の塗り替えに詳しい業者を選択することです。外壁の塗り替えというのはただ塗料を塗り替えているだけと見えてしまいがちですが、外壁や環境、お客様が思い描く理想に合わせた塗料を選択しないといません。そのため、塗料に対する多くの知識が必要となります。塗料の属性に詳しく、お客様に耳を傾けてくれる業者に外壁の塗り替えをお願いするようにしましょう。

絶対に依頼してはいけないのが、訪問販売の業者です。訪問販売の業者は直接お客様の元に訪問して話を伺ってくれますが、塗料に関しては残念ながら詳しい業者は少ないのが現状です。ただ塗料を塗って見た目的に綺麗にするまでしか考えていない業者が大半なので、お客様の理想の外壁塗装工事にはならないことが大半です。外壁塗膜は外壁と建物を守るためにとても大事な部位ですので、不安な業者にお願いしては絶対にいけません。地元の信頼できるリフォーム屋さんに相談をして、ご自分の理想の外壁塗装工事としましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外壁の塗り替えをいうのは一見簡単にみえがちですが、目を向けないといけないポイントはたくさんあります。大切な建物を守ってくれる大事な部位ですので、納得できる外壁塗装工事とするようにしましょう。