外壁にクラックは危険?外壁のひび割れを見つけたら補修すべき理由と対処法

外壁にクラックは危険?外壁のひび割れを見つけたら補修すべき理由と対処法

外壁にひび割れを見つけると、放置していていいのか対処すべきなのか、わかりにくいと思われる方は多いと思います。外壁のひび割れというのは、場合によっては建物に重大な影響を与えてしまいます。そのため、場合によってはすぐに対処しないといけません。外壁のひび割れを放置してはいけない理由と対処方法を、ご紹介していきます。

外壁のひび割れが起こす住宅への悪影響

外壁のひび割れはなぜ放置してはいけないのか、その理由は下記のような住宅への悪影響が挙げられます。

見た目の悪さ

外壁にひび割れが発生している建物は、みすぼらしいイメージとなってしまい美観が損なわれてしまいます。

雨漏りの発生

ひび割れより雨水が浸透してしまい、徐々に室内に浸透していきます。時間が経過することで雨の浸透度が強まり、室内の雨漏りへとつなげてしまいます。

外壁材の劣化

ひび割れより浸透した雨水の影響で、サイディングやモルタル、外壁下地などが腐食してしまい、外壁材の劣化へとつなげてしまいます。

躯体の劣化

ひび割れから浸透した雨水が木構造材などの躯体に浸透してしまうことで、躯体自体が劣化してしまい建物の耐性が落ちしてしまいます。

湿気の多さ・カビの発生

外壁のひび割れから浸透する雨水により、室内の湿度が高くなり湿気が多く発生してしまいます。湿気が多い室内になることでカビが発生しやすくなり、人体に悪い影響を与えてしまうことがあります。

外壁のひび割れを見つけたらまずは確認!

外壁のひび割れを発見したら、まずはひびの状態を確認しましょう。これらの2つのステップで、ひびの状態を確認します。

ひび割れの幅の計測

ひび割れというのは、全てに緊急性があるわけではなく、一定以上の幅の場合に緊急の対処が必要となります。ひび割れの溝の幅が0.3㎜以下の場合は、一般的には緊急性はないと言われています。

業者の診断

0.3㎜以上のひびの場合は、業者に診てもらって補修を行うべきなのかの判断をしてもらいましょう。

外壁のヒビ割れは業者へ依頼すべき理由

外壁のヒビ割れは業者へ依頼すべき理由

外壁の1㎜程度のひび割れなら、DIYでご自分で改善できると思われる方もいると思います。しかし、外壁のひびの補修はお客様が行うのはオススメできません。その理由は、外壁のひびは雨水の浸透を発生させるので、完璧な補修が必要となるからです。

ホームセンターなどに様々な防水アイテムが販売されていますが、それをフルに活用して完璧な防水効果を発揮させるのは簡単ではありません。専門業者は状況や原因を踏まえた上で、プロとして対処してくれます。外壁のひびからの雨漏りというのは想像以上に厄介な状態ですので、専門知識を豊富に持った専門業者に調査と補修をお願いするようにしましょう。

外壁ひび割れ補修の調査はどのように行うのか

外壁のひび割れ補修は、このような流れで調査、補修を行っていきます。

現地調査

外壁のひび割れの状態を細かく調査して、どのような状態でどんな補修方法が適しているのかを提案してもらいます。

見積書の作成

補修にどれくらいの費用がかかるのか、見積書を作成してもらい検討します。補修費用は状態や数によって異なり、部分的な場合は数万円、全面保守となる場合は80~150万円ほどかかる場合もあります。見積書の内容に納得した場合は、補修工事へと進みます。

ひび割れの補修

施工日を決め、補修工事を行っていきます。ひび割れの状態や数、天候にもよりますが、1週間程度の補修工事日数となります。

保証や保険制度にも目を向けてみよう

建物を新築や中古物件で購入した際、施工した建築屋さんや工務店などから保証書を受け取っているはずです。保証期間内であれば、保証にて外壁ひび割れの補修を行うことができます。もしも業者が誠実に対応してくれない場合は、住宅専門の相談窓口に相談をしてみましょう。

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センター運営の、法律に基づき国土交通大臣に指定された住宅専門相談窓口がありますので、相談することで解決へとみちびくことも期待できます。さらに、地震や台風が外壁のひびわれの原因の場合は、地震保険を使って補修を行うことができる場合もあります。地震保険に加入されている場合は、保険適用が可能なのかを確認したり相談してみることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まずは、ひび割れの状態を確認して、補修が必要なのかどうかを確認しましょう。ご自分での確認に自信がない場合は、業者にお願いすると気軽に調査してもらえます。外壁のひびは、想像以上に建物に大きな負担を与えてしまう場合があります。建物を末永く使い続けるために、外壁のひびの適切な対応を行うようにしましょう。